中四国フェリーが今月でなくなってしまう!ということで、中四国フェリーを行程に入れてしまなみ海道のサイクリングコースを走ってみた。

 走行距離81.76km。CAAD通算207.7km。合算1160.0km。

 今回はいつもと違って用意周到だった。当日朝だとバタバタすると思って、前日の就業後に自転車3台を回収。その後打ち合わせと称して宴会して、翌朝3人を乗せて、忠海港まで。そこから大三島フェリーに乗って大三島の盛港へ。

 しまなみ海道の真ん中あたりの大三島からのスタートということで、今治までストレートに行くと50km切ってしまうコースなので、まず大三島は北西部をまわり中央で島を横断して行くコースを選んだ。

 宮浦の藤公園。藤は二部咲き(?)くらいの様子。まだまだ。

 今回初めて通過する三村峠の登りは、サイクリングコースとしてゆるやかなコースがつけられていて、らくらく登れた。

 道の駅「多々羅しまなみ公園」にて最初の休憩。多々羅大橋を眺めた。

 ここで「おやつ」として大三島名物(?)「特大いちご大福」の予定だったけど、売ってなかったので「いちごドラ焼き」にした。これはちょっと微妙な不協和音だと思った。

 大三島橋をわたる。予定通りのいい時間。今回は中四国フェリーの時間でケツカッチンなのでちょっと心配だったけど全く問題なし。

 伯方島に入ってから、サイクリングロードを外れて北側周回道路へ。

 海沿いの道路は車の通行も少なくて快適。海の透明度もとってもきれいだった。

 昼食は「伯方の塩ラーメンさんわ」。ちょうどお昼でたくさんの自転車が置かれていた。

 注文したメニューは塩ラーメン+おにぎり1個セット。さっぱりしていておいしかった。

 潮流が激しいことで有名な船折瀬戸。大型船が追い潮に乗ってかなりのスピードで抜けていった。

 道の駅「伯方S・Cパーク」にて伯方の塩ソフト。食べてばっかりのサイクリング・・・。

 伯方・大島大橋。

 大島はサイクリングロードを外れて東海岸沿いに行くことにした。

 途中まではよかったが、途中からアップダウンの激しい山岳コース。

 ただし景色はよかった。

 竹林を行く。途中から狭い道路になった。

 江越峠で二人がへばってしまい、周回を断念して大通りへ出ることにした。

 来島海峡大橋が見えてきた。

 道の駅「よしうみいきいき館」で、大三島で見つけられなかった「特大いちご大福」を発見!これはうまかった。いちごがデカい。

 みかんソフトも。ホント食べてばっかり。

 来島海峡大橋はループ橋を使って橋の上に出る。

 長い長い来島海峡大橋。

 中四国フェリーは4月から減便されていて、16:30の次が19:30、で最終。16:00ちょうどに港についた。なんともいいタイミング。

 フェリーから来島海峡大橋を眺めた。

 竹原でフェリーを降りて、忠海までは自走。明るいうちについてよかった。

 バモスホビオに3人3台。積むのも2回目とあって、非常にスムーズに積めた。

 今回の行程図。

さよなら中四国フェリーサイクリング at EveryTrail

Map created by EveryTrail:GPS Geotagging